人生に裏技はない|当たり前を当たり前に生きる生き方を

どうやったらお金稼げるのかな~?

この人は一体どうやってここまでいけたのかな?
どうやったら人から尊敬されるのかな?
子供をよりよく育てるにはどうしたらよいのかな?
世の中の多くの方が、ハウツーを求めます。
求めているから、それに応じるような本が巷に溢れ、
求められているから、ネット上にもあふれるわけです。
ところがどっこい、
そんなハウツーものの本を読んでもうまくいかないわけです。
そして、また次のハウツーを探します。
また良さそうなハウツーが出てくるので試します。
あらまあ、またうまくいきません。
また懲りずに次なるハウツーを探します。
ありゃま、またうまくいきません。
そのうち気づくでしょう。
なんだ、どんなハウツーも意味ないじゃんって。
その時に二通りの考え方を選択することができます。
【1】これだけハウツー試しても自分はだめなんだと悟る
【2】そうか、重要なのはハウツーじゃないんだと悟る
どちらも正解です。
むしろ、自分が選択したほうが、正解になってしまうのです。
実は重要なことは、ハウツーではありません。
人生に対する、生き方に対する、姿勢なんです。
どのように物事に対して取り組んでいるかなんです。
結果なんていうのは、そう簡単に出てくるものではありません。
だって、他の人より抜きん出た成果を作ったから本書いたりできるわけで、
他の人と違った取り組みがハウツーになるからなんです。
だから、ハウツーって重要なんです。
だって、成果を作るために、どうやったかが書かれているから。
でも、最初に重要なのはハウツーじゃないんだと言いました。
そうなんです。
実は、ハウツーではないんです。
ハウツーは1%重要です。
でも、たった1%なんです。
本に書いてあるハウツー、成果を出している人は、
確実にそのハウツーにバックグラウンドがあるんです。
だから、成果がでる。
ハウツーに効果がある。
じゃあ、そのバックグラウンドて何なのかということです。
それは、どれだけ当たり前のことを熱心に取り組んでいるかということです。
誰にでもできるような基本的な事項を

誰にでもできないくらい愚直に忠実にやりきる姿勢。
これこそが何より重要なことです。
その基本があるからこそ、ハウツーが生きるのです。
だって、そんだけ基本を忠実にやる人は、ハウツーも徹底的にやるでしょ?
素直に成果がでると信じて、最後まで諦めずにやるでしょ。
だから絶対うまくいく。
どんな困難な局面に出会ったとしても、
諦めずに最後までやりきることができれば、うまくいくんです。
私は常に人生に夢とビジョンを描いて生きています。
目的に向かって熱中して生きています。
愛すべき人を全力で愛して生きています。
それは私の取り柄です。
大切なものを大切にできる人生を歩んでいます。
常に基本に忠実であること。
だれよりも熱心に忠実に生きること。
人生において大切なことってそんなに多くはないと思うのです。
そして、それが人と違ってもよい。
だって、違いは多様性を産んで全体的な飛躍につながるから。
私が尊敬する方から教わった言葉
一、人からされて嬉しかったことを、人にせよ。
ニ、人からされて嫌なことを、人にするな。
三、人から受けた恩は、つつしんで忘れるなかれ。
四、人にほどこした恩は、思うなかれ。

島根県隠岐の偉人・永海佐一郎博士の言葉とのことです。

自分のコアとなるものを作れば強い。

基本あるのみですね!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ