幸せな人生を受け取る|受け取ることができる生き方を

 あなたは、目の前にある無限の豊かさと幸せを受け取っていますか?

人生には、無限の豊かさと安らぎと自由と幸せが、あなたの前にあります。
でも、それを受け取ることができない人が多いように感じます。
無意識的に受け取らない選択をしているように感じます。
こんな経験はないでしょうか?
○「なになにをしてあげますね!」
→「いやいや、いいですよ、そんな。」
「いえいいんですよ、遠慮なさらないで」
→「いえ、本当に大丈夫です。ご厚意に感謝します」
「そうですか、わかりました」
○何か予想もしなかった幸せな出来事が起こったとします。
その時、あなたはその出来事に対してどういう態度をとるでしょうか?
ラッキー!いっただきっ!・・・でも、こんなうまい話はないよな・・・
きっと何かよからぬことが起こるのでは。
私にそんな資格なんてないんだ・・・。
絶対あとから悪いことが起こる。
・・・・結果、やっぱり!
人生は、自分が思ったとおりになるものです。
その確信が強いほど、思ったとおりになるんです。
だから、受け取ることができないということは、
自分で与えられた可能性を排除して、不幸を選択しているようなものです。
そして、それは、意識的に選択しているのではなく、
その多くが無意識的な思考で選択しているわけです。
先の例をみて下さい。
本当は与えられているんです。
人生はあなたにたくさんの恵みを与えたがっているのです。
でも、受け取ることを拒否しちゃっているのです。
そして、与えられていない錯覚に陥るのです。
本当は求めていることと、自分の選択にギャップがあるんです。
ということは、何をしなくてはいけないか、ということです。
受け取れる器をつくるということです。
受け取れる器というのは、自己概念=セルフイメージのことです。
つまり、自分が自分をどう見ているか、ということです。
人生は、良くも悪しくも、セルフイメージ通りになっていきます。
あなたが、思ったとおりの人生になっていくわけです。
自分はお金がないと思っていたら、お金は稼げません。
自分は性的魅力がない、モテないと思っていたらオモテません。
自分は自由に行動を選択できると思っていないと自由になった時に不安を感じて、自分を拘束するような環境を作ってしまいます。
自分に自信を持ってください。
価値ある人生だということを理解して下さい。
そして自分を否定する言葉を放棄して下さい。
無意識の言葉は、あなたの潜在意識を表します。
意識的な言葉は、あなたの潜在意識に浸透していきます。
だから、言葉を選んで使う必要があるんです。
自分を否定しないで下さい!
それは、謙虚なのではありません!
私なんてっていうのは、謙虚ではありません!
それは、自分に対する冒涜です、あなたの親に対する冒涜です、
あなたを愛する人に対する冒涜です。
謙虚というのは、ありがとうございます、頂きます、です。
不安かもしれない、恥ずかしい気がするかもしれない、
調子に乗っているように思うかもしれない、
誰かがどう思うだろうって気になるかもしれない。
でも、それを乗り越えて下さい。
不安に打ち勝って、肯定的な自分を選択して下さい。
私は、優れた自分を選択します。
幸せな価値ある人生を選択します。
豊かで自由な生き方を選択します。
結果、私は幸せで豊かで満ち足りた人生を送ることができます。
自分が価値ある人に認められることを恐れてはいけません。
みな、認められることを求めている。
でも、心のそこで認められないと諦めている。
だから、認められているのに逃してしまって、本当に認められなくなる。
結果、その信念は強化されてしまいます。

ああ、やっぱり私はダメなんだな、思ったとおりだ、期待しなくてよかった、って。

それは嘘です!
自分が受け取らなかっただけです。
だまされないで下さい!罠です!
全体的に抽象的になってしまいましたが、
とにかく言いたいことは、受け取りましょうということです。
感謝の心で、ありがとうございます!って受け取っちゃいましょう。
人生はあなたに幸をもたらしたがっています。
あなたには、それを受け取る価値があるのです。

2 Responses to “幸せな人生を受け取る|受け取ることができる生き方を”

  1. ちんさん より:

    最近いつも読ませて頂き、勇気をもらってます。これからもずっと読ませてもらいたいとおもいます。
    自分の可能性を自分で制限してきたようなきがします。
    43歳で改めて、そのことに気づき遅いと感じてますが、生き方を変えていくことがいいと感じています。
    そんな簡単なことではないとおもいますが
    このブログを励みにがんばっていきたいと
    思います。

  2. しんさん より:

    ちんさん、コメントありがとうございます。
    そして、ブログを読んでくださること、心より感謝申し上げます。
    43歳で遅いなんてことは絶対にありません!
    年齢なんて関係ないと思います。
    どんなときでも、気づいたときがベストな時だと思います。
    カーネルサンダースは60歳過ぎてからホームレスのような状態からケンタッキーを築き上げました。
    いつでもどこでも、今これから、だと思います。
    お互いによりよい人生を選択していきましょう!
    人生は可能性に満ち溢れています。
    コメント心より感謝します!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ