親の生き方を子供は見ている|人生においてもっとも大切な教育

最高の教育を子供たちにつけてあげたいと思ったことありませんか?

私はあります。
むしろ、毎日思っています。
この子に幸せになってほしい。
そのために必要なことはなんでもしよう。
で、くもん式始めました!
で、横峯式始めました!
で、SAPIXに入れました!
で、日能研入れました!
で、スパルタ教育しています!
それでもよいでしょう。
でも、本当に一番大切な教育というのは、
生き方を見せるということです。

子供に送って欲しい人生を今、親のあなたが生き始めることです。
間違いなくこれ以上大切な教育方法はありません。
親の後ろ姿は、強烈に子供の脳裏に焼き付きます。
親の後ろ姿は、子供の歩む人生の道しるべです。
試してみて下さい。
もしあなたが自分の人生に絶望しており、
この子にだけは私と同じ思いをさせたくない、
だから、この子だけは幸せになってもらいたい。
夜勤しまくって、高いお金かけて塾入れて、
進学校通わせてみて下さい!
もちろん、人生とはさまざまな要因が絶妙なバランスで組み合わさって、
一つの物語をつくるので、一概には言えませんが・・・
高い確率でドロップアウトして、
不幸な人生を歩みます。
幸せとは不幸とかいうのは、完全に個人的な感情です。
考え方を変えることで選択できます。
不幸な考え方しか知らない親の元で育ったら、
8割不幸にしかなれません。
残りの2割は、そんな親に対する反抗心からグレて、
正反対の態度をとり、幸せをつかむこともありましょう。、
でも、それだけ、親の考え方って重要なんです。
なぜかわかりますか?
親が一番最初の先生だからです。
人生における基本を教えるのは親だからです。
子供は、生まれてから3歳までに、
実に多くのことを、人生の基盤となることを、
親の言動、態度、感情の持ち方、
理知的なことから、感性的なことまで、
ものすごいするどい感性で学びます。
そこで、人生の6割が決まります。
そこから7年、10歳までには、9割がた脳ができあがり、 
ほとんど一生が決まります。
つまり、思考の枠組みが決まるということです。
もちろん、その後いろいろな気づきを得て、
人生を劇的に変える人もあるでしょう。
実際に人生の可能性は、死ぬその瞬間まで無限大です。
何も制限なんてありません!
なんでもできちゃいます!
でも、そう思ってチャレンジできる人は、そう多くはありません。
3歳まで、10歳までが勝負です。
そこでどれだけ、親が幸せに満ち足りた人生を送る姿を子供に魅せ、
親がどれだけ愛情を子供に伝えることができるか!!
それ以上に大切なことはありません。
勉強ができなくたっていい。
運動ができなくたっていい。
わがままだっていい。
問題おこしまくってもいい。
友達ができなくて悩んでもいい。
でも、
自分を愛する心がなかったら・・・・

幸せになることはできません・・・・。

人生に夢と希望をもてなかったら・・・・

生きる意欲もわきません・・・・。
離婚した親の子は離婚することが多いという結果があります。
幸せな家庭をつくるイメージがないからです。
夫婦ってこんなもんだ、って親以外わかんないんです。
当然なんです。
夫婦仲が悪かったら、そういう人間関係しか学べないんです、子供は。
だから、親が一番大切にしなくてはいけないことは、
今、幸せになることなんです。

幸せになって、幸せを伝えることなんです。

人生のすばらしさを伝えることなんです。

その子の存在を心から承認し、愛を伝え、価値を教えることなんです。
あなたはあなたのままで、そのままで素晴らしいんだよ。
価値があるんだよ。
世界で唯一の大切な存在なんだよ。
だから、自分を大切にするんだよ。
幸せになるんだよ。
人生は素晴らしい冒険なんだよ。
楽しくて幸せでワクワクにあふれた、本当に素晴らしいものなんだよ。
な~にも恐ることはない、自分の生きたいように生きるんだよ。
って、子供がわかんなくても、教えて上げて下さい。
先日、子供に言いました。
私「凛、お父さんはね、凛のこと・・・」
息子「愛してる、大好き、宝物でしょ!」
6歳の息子の潜在意識に浸透しています(笑)
6年言い続けました(笑)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ