生き方のチューニングは人生のチューニング

 今日は、時間をとってチューニングすることの意義について、

お伝えしたいと思います。
私がこのブログの中でいつもお伝えしていることは、
本当の自分自身の人生を生きること

大切なものを大切にする生き方を選択すること
生きていれば、いろいろなことが起こるものです。
状況は刻一刻と変化していきます。
よいこともあれば、悪いこともあるでしょう。
目先の現実に過度にとらわれるな!
と言っていますが、そうはいかないこともあるでしょう。
なぜか?
人間だからです。
人間だから迷いもすれば、過ちも犯す。
仕方ないことなのです。
むしろ、だからこそさまざまな経験をできるというものです。
そこで、オススメしたいことが、
定期的に一人でじっくり考える時間をとることです。
自分の人生をいかに生きるか。

求めている生き方をきちんと選択できているのか。
そして、そのために何をどう改善していくのか?
一見無駄に見える時間かもしれません。
でも、定期的にチューニングしてあげることで、
ただ闇雲に走り続けるよりもよい結果が生まれると思います。
核となる部分を作って下さい。

あなたの中に核ができれば、

すべてのことが変わります。
テクニックやスキルでは大きく人生を変えることはできません。
あなたの人生に対する態度、
生き方を選ぶ基準、
そのあり方が変わることで、
あなたの人生は劇的に変わるのです。
たくさんのアイデアが人生を変えるのではない、

一つの確信が人生を変えるのだ。
変化を恐れてはいけません。
自分だけの時間をとることに罪悪感を感じる必要はありません。
あなたにとって、
そして、あなたが愛する全ての人にとって、
あなたが内省、内観する時間は非常に有効なものとなります。
とくに子を持つ親御さんは、
こどものために、自分の人生をしっかりと見つめてください。
こどもへの最もよい教育は、
あなたの生き方を背中で見せることです。
それ以上に大切なしつけはありません。
すべてあなたの中にあります。
自分の中へ深く入っていってください。
心の闇も、心のよどみもすべて受け入れてください。
よいんです。
闇があったって、澱んでいたって。
誰しもが持つものです。
過度に現実や常識や周囲の人の言うことを聞いてはいけません。
あなたの人生は、周囲に流されずあなたの内なる声が作り上げるべきものです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ