健康管理のポイント【5】

健康管理の5つのポイント


【1】考 え 方

【2】睡    眠

【3】食    事

【4】環    境

【5】運    動

健康管理の5つのポイントの最後は定期的な運動習慣を持つということです。
これは、いかにも当たり前のことのように聞こえると思います。
一方で、実際に取り組んでいる方はどれだけいるでしょうか?
最近では、皇居の周りをジョギングしたり、ジムに通う方も増えてきていると思います。
それだけ、健康管理における定期的な運動習慣の重要性を認識している人が多くなっているということだと思います。
運動をすることで得られる5つの効果

(1)新陳代謝の活発化

(2)全身細胞の活性化

(3)全細胞への酸素の供給

(4)血液、リンパ液の循環

(5)脂肪の燃焼
要するに、定期的な運動をすることで、身体全身の細胞、命が活性化するのです。
必要な運動は、有酸素運動と無酸素運動、このバランスです。
有酸素運動は、ジョギング等酸素を多く取り込みながら、全身に酸素を行き渡らせ、体の調子を整えます。
脂肪もこの時燃焼します。
時間にして、20分以上は無理ないレベルの有酸素運動を取り入れましょう。
次に無酸素運動です。
これは、いわゆる筋トレです。
短時間に筋肉に対して激しい負荷をかけ、筋肉を増進します。
使わない筋肉は、すぐに衰えていくので、20分以上かけて、全身の筋肉を少しずつ増加させていくとよいと思います。
各筋肉に不可を与えるトレーニングは筋肉毎に効果的ものがあります。
詳しくは、専門書、サイトをご覧ください。
※運動法については、現在もっともよい手法を模索中ですので、まだ具体的にご紹介することはできません。
ただ、基本的には、ジェームススキナー氏推薦の運動法を私は取り入れています。
【まとめ】

1・有酸素運動20分以上する

2・無酸素運動を20分以上する(鍛える筋肉を選ぶ)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ