インプットタイム|よりよい生き方を模索して

今日は、2年半ぶりに東京でアチーブメントのセミナーを受講しています。アチーブメントのセミナー「頂点への道」は、私が人生を変革するために非常に大きな学びを得たセミナーです。
ウィリアムグラッサー博士が提唱する選択理論を元に、成功哲学を体系的にまとめたセミナーです。
講師は、青木仁志社長。
国際企業ブリタニカでのセールスやマネジメント経験からコンサルティング会社を経て、人材教育コンサルタント会社を立ち上げて早27年とのことで、順調に業績を伸ばし続けている会社です。
私は、アチーブメントから本当に多くのことを学びました。
今の私があるのは、アチーブメントのおかげといっても過言ではないと思います。
もちろん、ただ研修での学びだけではなく、実体験を通して、学びを活かそうと努力してきたことが大きな要因だったのは間違いありません。でも、そのためには、アチーブメントのセミナー受講はかかせなかったわけです。
今ある生き方の根底には、アチーブメントでの学びがあるわけです。
アチーブメントで学んでから本当にたくさんのことがありました。
離婚、借金、命賭けで働いた会社からの離職、Uターン、アフィリエイトでの成功。
もし、あの時セミナーを受けていなければ、こんな苦労は味合わなかったでしょうが、こんな成功体験も知らなかったでしょう。
人間的にももっともっと、未熟だったと思います。
青木社長にしてもそうです。
選択理論を基礎理論と定め、ブライアントレーシーやチャールズホブス、ナポレオンヒルなどの学びを青木社長の経験の中で組みなおしたものが、アチーブメントテクノロジーということができます。
その確立までには、本当に並々ならぬ苦労と努力があったわけです。
私は、アチーブメントの教えにさまざまな本やセミナー、通信講座などの学びを元に、私の経験に基づいてこのブログを発信しているわけです。それが、人生を今より100倍幸せに生きる生き方をつくっているということです。
人は学ぶことで不可能を可能にすることができます。
考え方を変えて、人生を変えることができます。
しかし、大切になるのは、誰から学ぶかということだと思います。
失敗者から学べば失敗するし、成功者から学べば成功できます。
魚の釣り方を農家から学ばないように、自身が求める生き方を追求していると考えられる人から学ぶことが大切です。
本当に「その道」で素直に誠実に、結果を出し続ける人は一握りしかいないといえるでしょう。
だから、学ぶ人を間違わないようにすることが大切です。
それは、その人が発する言葉ではなく、行動をみることで見極めることができると思います。
口先だけなのか、実際に言っているとおりの人生を生きている人なのか。
私は当然、言行一致の人生を歩みたいと思っています。
しばらくブログを更新していませんでした。
きっとこれからもしばらく、更新頻度は落ちると思います。
それは、この生き方ブログへの関心が低下したからとか、活動自体の意味が小さくなったからではありません。
ここに書いてあることは、私の経験や学びから生まれた真実の声ですし、価値のあることだと思っています。
実は、4月の8日に会社を立ち上げることにしたのです。
そのため、非常に時間がタイトになり、ブログを更新することの優先順位が落ちているのです。
私は、大切な存在を大切にする使命があります。
シングルファザーの父として、息子との時間を作る必要もあります。
大切な人とクオリティタイムを過ごすことも必要です。
だから、これからしばらくは、そんな日々が続くでしょう。
しかし私は、このブログを通じて、できるだけたくさんの方にメッセージしていきたいと思っていますので、更新が少ないくても、ぜひ過去の記事などをご覧いただけたら幸いです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ