価値ある人生を生きるということ|その生き方とは

あなたは、あなたの人生で何を成し遂げ、どのような人格を形成したいと思いますか?
私たちは、それぞれがそれぞれの人生を歩むことを使命として生まれてきます。
このブログの中では、それぞれのすべての人に固有の価値があり、存在意義があると伝えてきました。
そして、自己を成長させ人格を育んでいくことこそが、人生の目的であると・・・。
そもそも、「価値ある人生」ってなんでしょうか?
価値ある生き方ってなんでしょうか?
何度もジャッジしなさんな~、とお伝えしているのに、価値のあるなしジャッジするのか~?
広辞苑を引きますと、「価値」とは「①物がもっている、何らかの目的実現に役立つ性質や程度。値打ち。有用性。②商品の価格の背後にあって、それを規定しているもの。」と定義されているようです。
「何らかの目的実現」に「役立つ性質や程度」。
私たちの人生の目的が、自分自身のじぶんらしい人生を歩んで、より高い人格を形成していきよりよい人生を歩むこと自体にあるとすれば・・・。それに役立つこと、つまり自分らしくあり、成長していこうと志す生き方は、まさにそんな人生の目的を遂げるのに役立つ性質であり、前提としてもっとも大切なことではないでしょうか?
とそれば、私たちの人生は、じぶんらしくあること自体が価値あることということができるでしょう。
これは、論理的に客観的に「正しいこと」ということができるでしょう。
もしいまあなたが、とても苦しい状況にあるとしたならば、もしかしたらじぶんとは何か、自分らしさってなんなのかを見失っていて、自分らしくない生き方に、「やっぱりわたしはダメだ、価値がない・・・。」と感じたかもしれません。
確かに自分らしい生き方を自己成長しながら、人格形成していく過程こそが人生の目的であり、それを遂げるためにじぶんらしくあることが「価値あること」とお伝えしました。だから、あなたがきっと自分らしさがわからなくなっている=じぶんらしくないから=価値のない人生を歩んでいる≒自分には価値がないと思ってしまうのも無理はないでしょう。
でも、それは違う!
もしいまあなたが、あなたらしく生きていないとしても。
もしいまあなたが、道を見失い路頭に迷っているとしても。
もしいまあなたが、あらゆる社会的基盤を失っているとしても。
もしいまあなたが、世の中に何も価値を生み出していないと感じるような時にあったとしても。
もしいまあなたが、だれかに100%依存しなくては生きていけない状態にあったとしても。
あなたには価値がある。
あなたには、生まれながらにして誰とも異なる大きな価値がある。
どんな一瞬たりとも例外なく、あなたはこれまで価値がありつづけたし、これからもどんな一瞬たりとも例外なく価値ある存在でありつづける。
誰一人例外なく、どんなに悪いことをしてきたとしても、あなたには絶対に価値がある。
なんでかって?
あなたがこの世に生まれてきたから。
ただ、それだけの理由で、あなたには価値がある。
あなたに価値があることに、これ以上もこれ以下も、根拠となることはありません。
私には7歳の息子がいます。
とても大切な大切な息子です。
もし息子が、将来グレたとしても、犯罪を犯すような人間になったとしても(もちろんそんなことはしないと信じているし、しないように育てるけれど・・・)、それでも私は息子に言うと思います。
「あなたには、価値がある。あなたはあなたのままで素晴らしい。あなたはあなたのままでいればいいんだよ。」
人は一人では生きていけません。そもそも、人は父と母があってはじめて生まれてくることができます。
だれかが「乳」を与えてくれて面倒を見てくれるから始めて存在することができて、成長することができます。
愛されていない人は、この世に存在することができないのです。
愛されていない人は、この世に存在し続けることはできないのです。
だから、もしあなたが生きているのであれば、誰かに愛されているということだと思うのです。
もし、ひとりでもあなたを愛してくれている人がこの世にいるのであれば、あなたの人生には価値があると思いませんか?
だれかの役になっているんだと思いませんか?
あなたを愛してくれている人は、「あなたを愛することで」あなたから愛を受け取っているのです。
もしかしたら、あなたは愛を受けて育っていないと思うかもしれない。
現実に両親に捨てられて、孤児として育つ子も多いと思います。
両親を恨んでいる方も多いことでしょう。
愛されていなかったと思うことでしょう。
両親が存在する「私」に何がわかるんだって反発心を持ってしまう人もあるでしょう。
それでもお伝えしたい。
あなたのご両親はあなたを愛していたし、これからも愛し続けている。
だから、あなたは生まれてくることができたのです。
人にはさまざまな状況があります。
きっと両親も本当に止むにやまれない理由があって、あなたと別々の道を歩む決断をしたはずです。
そして、一瞬たりともあなたのことを忘れたことはないはずです。
今日、どうしてもお伝えしたかったこと。
それは、あなたはただここにあるだけで、価値があるということ。
どんな生き方をしていようと、あなたには価値があるということ。
だから、あなたはあなたらしく生きていけばいい。
何もできないときは、何もしなきゃいい。
じぶんらしくあれないときは、じぶんらしくいなきゃいい。
じぶんらしさがわからないときは、無理にじぶんらしさなんて考えなきゃいい。
なぜなら、あなたが生きている今の状態も含めて、あなたの生きる歴史そのものがあなたらしさにほかならないから。
だから、あなたは、ただ生きているだけで価値があるのです。
 

2 Responses to “価値ある人生を生きるということ|その生き方とは”

  1. あやか より:

    偶然ブログを拝見しました。
    色々なことを悩み、考えすぎて、自分のことも大切にできず、周りの人を傷つけ、もうどうしたらいいのかわかりません。
    でも、こんな私でも価値があるとゆってもらえた気がして、涙がでました。ありがとうございました。

  2. しんさん より:

    あやかさん、コメントありがとうございました。
    とても、大変な状況にあるのですね・・・。
    あやかさんのことを私はまったく知らないし、あったことも話したことも
    ありませんが、それでもひとついえることは、大丈夫だということ。あやかさんは、絶対によりよい人生を歩んでいけます。そして、あやかさんの求める人生に向かって進んでいます。
    回り道、寄り道したっていいじゃあないかと思います。
    何かお役に立てることがありましたら、幸いです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ