未来を切り拓くビジョンを持つ生き方

 未来を切り拓くビジョンを持つ生き方

心から望む願望を明確化して、ビジョンにしよう。
未来は、あなたが作り出すもの。
他の誰が作るでもない。
あなたがあなたの責任で作るものだ。
唯一あなたの未来は、あなたの手によってのみ作られる。
ビジョンを描こう。
あなたは、どんな人生を歩んで生きたいだろうか?
どんな生き方を人生に築いていきたいだろうか?
あなたが心から望むこと、願望の明確化をして、あなたの未来という空白の地図に書き入れていこう。
それがビジョンであり、あなたが作る未来となる。
それが唯一のあなたの人生における羅針盤だ。
それが唯一のあなたの生き方の基準だ。
未来は現実の延長線上に作られる。
毎日毎時毎分毎秒の積み重ねが未来となって作られる。
あなたにビジョンがなかったら、地図もコンパスもなく進む旅路と同じことになってしまう。目的地が定まらなければ、何をどう判断してよいかもわからず、どこにどう向かって良いかもわからないままとなってしまうだろう。
だから、ビジョンは極めて重要だ。
ソフトバンクの孫正義社長はビジョンを描いてそれを現実のものとしてきた。
この決算資料を見たらわかるだろう。
数年前課題とされていた全てを着実にクリアしていっている。
ビジョンを実現できる人とできない人の違いは、たった一つだ。
途中で諦めるか、実現するまでやり遂げるか。
どんなビジョンだって構わない。
今の現実と全く異なっていても全く問題ない。
とてもじゃないが、今の自分では実現できないようなものでも十分現実とすることができる。
すべて一足飛びに現象化していくのではなく、一歩ずつ目標という小さな階段を一段一段あがっていって、現実のものとできるのだ。
もうだめだ。
これ以上無理だ。
限界だ。
自分には分不相応だったんだ。
その峠だ。
その峠にこそ、最大のチャンスが待ち構えている。
あなたが夢を現実のものとできる時は、まさにその限界点を突破したところにある。
それでも尚、諦めない人だけが見ることができる景色。
唯一、人生の真理を理解することができる法則。
もうあと一歩のところで諦めてしまう人がほとんどだ。
だから、諦めるな。

どんなことがあっても、諦めずに頑なにビジョンに向かって進む生き方を選択しようう。
夢を描いて、絶対にそれを掴むまで、どんなことがあっても突き進もう。
誰が何といおうとも構う必要はない。
あなたの人生だからだ。
あなたらしい生き方を選択することは、責任であり、義務であるのだ。
あなたはあなたの人生に100%責任がある。
あなたに意見してくれる人はあなたの人生に責任をとってくれはしない。
そして、あなたはその人に責任転嫁すべきではない。
あなたがあなたのままである人生を、あなたがあなたの夢やビジョンを実現し、願望を叶える人生を選択してほしい。
それが、正しい生き方の選択だといえると思う。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ