あなたに向いた人生、あなたに向いた生き方とは

あなたに向いた人生の生き方・道 

 求める人生を実現することを命題とする生き方で、多くの人が疑問に思う点として下記の5つの項目をあげました。その中で今回は、5.自分に向いた人生の生き方は何かということ。について取り上げたいと思います。
  1. 本当に好きなことをやりながら生活していけるのかということ。
  2. 好きなことをやって生きることと、怠惰な生活の違いは何かということ。
  3. 目先の苦痛から逃げたらよいのかというところ。
  4. 目的や夢がない人はどうしたらよいかということ。
  5. 自分に向いた人生生き方は何かということ。
早々と結論からお伝えしたいと思う。
あなたに向いた人生の生き方とは、
それはあなたが望む人生を生きること。
これかと思ってそこに向かって突き進んで、やっぱり違ったと思って別の道を進んで、そして挫折して打ちひしがれて、それでもやっぱり「これだ」って思って突き進める「道」。
それがあなたが本当に求めている人生だったり、生き方だったりを示してくれるだろう。
注意してほしい。
どれだけあなたのことを思ってくれている人であっても、決してあなた以外だれもあなたの「道」を判断することが出来る人はいない。
あなたが作った「道」だからこそ、他の誰かがやっぱりねって言ってくれるだけなんだ。決して他の誰かが真実を知っているのではない。
ただ、あなただけが、あなたの人生と生き方を決めることができる。あなたに向いているかどうかというのは、あなたが決めて、続けて、成し遂げることだ。
どうか大げさに受け取らないで欲しい。
決して苦労しなさいとか、大きなことを成し遂げなさいとかっていうんではない。
ただ、あなたがあなたであるためには、たくさんの乗り越えなくてはいけない壁があるだろうから、だから苦しく見えるかもしれないけれど、きっとそれだって楽しむことができると思う。
例えば幸せな家庭を築くことって、とても簡単に見えて難しいこと。それこそ線路の枕木のごとく次から次へと問題が出てくるだろう。
そうして80歳になったときに、幸せな家庭を維持できている人がどれだけいるだろう。
きっと、道程でいろいろと乗り越えたからこそ味わうことができたことなのではないかと思う。そして、それを手に入れられるのは、そんなに多くはない限られた人たちだ。それを求めて選択したからこそ、成し遂げることができたのだろう。
どれだけ自身の願望を明確にするかだ。
己の望む人生と生き方を明確にすることができるかだ。
そこに流されずに進むことができるかだ。
真実はそこにしかない。
一般的にこれが幸せ、こうすべきと言われているところに真実はない。あなたが望むことだったらあなたの道だけれど、あなたが望まなければそれはあなたの道ではない。
先にあげた幸せな家庭。
それを成し遂げることができない人っていうのは、それを望まない人か、本当は望んでいるけれどその願望をしっかりと受け取らなかった人か、そのどちらかだ。
あなたが望むこと、あなたが望む人生、

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ