求める人生を実現することを命題とする生き方

人生を自分で自由に作る生き方
好きなことをして、人生を楽しんで生きよう!
あなたの求める人生を実現するために生命を使おう。
生命を使うとは時間を使うということ。
嫌なことを嫌々やりながら時間を浪費してはいけない。
あなたの人生はあなたのもの。
あなたの好きな生き方を実践していこう。
好きなことして生活していけるほど甘くないなんて言われたことある?
お金がなきゃ生きていけない、だからお金のために働かなきゃって言われたことある?
嫌なことをするからお金をもらっていけるんだって言われたことある?
何を信じて、何を選択している?
親が言ったこと、先生が言ったこと、先輩が教えてくれたこと。
愛を持って、あなたのことを思って、言ってくれたこと。
今のあなたを形成するすべてのことを振り返ってみて。
そして、次の言葉を思い出して。
先人たちは、子孫の私たちにたくさんの素晴らしい教えを残してくれている。
私たちがより幸せに発展できるようにたくさんのことを伝えてくれている。
先人の知恵をしっかりと学んで、よりよい人生を歩んでいこう。
急がば回れ、急いてはことを仕損じる。
膳は急げ。

一石二鳥。
二兎追うものは、一兎をも得ず。

果報は寝て待て。
蒔かぬ種は生えぬ。

三人寄れば文殊の知恵。
船頭多くして船山に上る。
人間万事塞翁が馬
あなたが何を求めるかだ。
あなたが何を信じるかだ。
あなたが何を感じ、あなたが何を思い、あなたが何を選択するかだ。
あなたはあなたらしくあなた自身の人生を歩むことができる。
あなたはあなたの人生をどう生きるか選択することができる。
あなたが思い描いた生き方は必ず実現することができる。
あなたの可能性を伸ばすのもあなた次第。
あなたの可能性をなくしてしまうのもあなた次第。
すべてあなたが決めて実践して、現実として作りあげること。
すべては未来における過去の意味付に過ぎない。
あなたがやり遂げたことのみが真実となる。
そうであるならば!
あなたが「やる」って決めたことが現実となる。
つまり、あなたがあきらめない限り、
あなたが思い描くことは現実のものとなるのだから、
あなたが思い描くことのみが真実と言えるのだ。
だから、あなたの願望を明確にしよう。
何を望んでいるかしっかりと自分に問うてみよう。
そして、自分の望む道を飽くなく突き進もう。
それだけが、真実となる。
だから、あなたの好きなことをしなさい。
あなたが求める道を歩みなさい。
あなたの人生の目的を遂げるために生命を使いなさい。
決してお金のためや、付き合いのためなんかに時間を使いなさんな。
あなたの目的を遂げるために使いなさい。
そのために、目的を明確にしなくてはいけないし、
そのために、自身の5つの基本的欲求を満たしながら生きなくてはいけない。
さて多くの人が疑問に思う点。
これらの疑問点について、明日以降お答えしていこうと思う。
これらはすべて整合性の取れた答えを提供することができること。
ヒントは、人間に対する認識様式自体のズレがこのような考え方の温床になっているということだ。先人だっていろいろな人がいた。物事を成し遂げる経験をした人もあれば、打ちひしがれて諦めた人生を送った人もいた。その人が人からよい評価をもたったこともあったろうし、悪評をもらったこともあるだろう。
どういうやり方で生き抜いたかだって、人によってまったく違ったろうし、何がよくて何が悪いかだってまったく異なっていたことだろう。
だから、私の話に耳を傾けて聞いて欲しい。
私がそれらを時に中立の立場から、時に偏った立場から、見解をお伝えしていきたい。
どんなときだって、私たちは幸せになることができる。
どんな状況からでも人は立ち上がり、前を向いて進むことができる。
何度でも何度でもやりなおすことができるし、
何度でも何度でもチャ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ