自然と調和した生き方を目指して|宇宙の摂理の下の人生

 自然と調和した宇宙の理の元に人生を生きる生き方イメージ写真

宇宙には法則があります。
地球には自然の摂理があります。
人間には人間の理があります。
私たちはそのすべてを知っているわけではありません。
すべてを克明に解説して証明することはできません。
でも一方で、本来私たちは宇宙に法則、自然の摂理、人間の理の下で生かされていて、同時にその範囲でしか生きることができない存在なのです。
つまり、本来私たちはそのすべてを感覚的に知っているだろうと思うのです。
これはスピリチャルな話ではありません。
科学の話と言って良いと思います。
なぜなら、私たちが「いま、ここ」で生きているからです。
宇宙の中にあるちっぽけな地球という星の自然の中で、人間と人間とのつながりの中で、まさにそれぞれが生きているからです。
その仕組みや法則を解明しようというのが科学の目的なのではないでしょうか?
感覚的に考えたら非常によくわかると思います。
私は自然と調和した宇宙の法則に従って、自然や人間理に則して生きていきたいと思っています。
いつも私がお伝えしていることも、宇宙の原理であり、自然界の理であり、人間としての真実と思っています。
例えば、自分を愛して大切にすること、そして大切な存在を大切にしていくこと、これは普通に考えたら当たり前のことと思うのです。
ところが、人生の中でさまざまな生き方を見聞きして、正しい正しくないという基準を作っていく中で、シンプルな自然なことを忘れてしまい、自然と調和しない考え方のフレームを思考の中に作ってしまうから、その通り生きることができなかったり、違和感を感じたりするのではないでしょうか?
私は生き方としては、自分を大切に、大切なものを大切にという基準で時間を使っていくことができたならば、細かなところではいろいろとあるとは思いますが、大きく道を誤ることはないかと思っています。
なぜなら、その絶対基準に基づいて判断していくと自ずと選択肢は定まってくるからです。
たとえば、私はできるだけナチュラルなライフスタイルを心がけています。
食生活であったり、使用する洗剤であったり、石鹸やシャンプーなどについてもです。
これは健康に長生きするために必要なことです。
つまり自分の健康を大切にするということです。
これは非常に自然なことであり、当たり前のことだと思います。
健康でなければ真の幸せにはできないし、大切なことを大切にすることができなくなるからです。
化学調味料や化学物質を使用した洗剤は極力避けたほうがよいでしょう。
それは健康に良くないと思われるからです。
化学物質が体によくないのは少し考えたらわかります。
体によくないものは自然環境にもよくないのでエコでもありません。
エコロジーを意識していくことは、地球環境を保護する=自分たちを大切にするために、重要です。といった具合に感覚的にどうしたらよいのかということがわかるのが人間だと思うし、自然なことじゃないかと思うわけです。
自然の理に則して生きる生き方を生きましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ