目の前のことを全力でがんばる生き方

 あなたは目の間のすべきことを頑張って取り組んでいますか?

あなたは頑張って毎日を全力で生きていますか?
あなたは本当にがんばっているのですか??
それがあなたががんばるってことですか?
頑張るとは、(提供元:「デジタル大辞泉)
1 困難にめげないで我慢してやり抜く。
2 自分の考え・意志をどこまでも通そうとする。
3 ある場所を占めて動かないでいる。
では、何のためにそれをがんばっているんだろうか?
あなたの目的は何だろうか?
そのことを頑張ることで何を得ようとしているんだろうか?
それはあなたの人生のビジョンを実現するのに、
その通過点たる目標を達成するのに効果的なことだろうか?
心配しないでほしい。
あなたは、
十分、
よく頑張っている。

頑張って、
今日一日を過ごした。
それは間違いがないことだ。
身体のいろいろなパーツに聞いてごらん。
きっと、心臓は一回も休むことなく鼓動を続けたし、
消化器は一瞬も休むことなく完全に摂取した食料を吸収したし、
肺はほんのわずかも休むことなく空気中から酸素を取り入れた。
あなたのできる範囲であなたは今日を全力で生きてきたのだ。
今日過ごした過程はあなたにとって最善の一日だったのだ。
だから、まずあなたはあなたを褒めてあげなさい。
一日ようがんばったなって。
そして、あなた自身に感謝しなさい。
一日頑張ってくれて本当にありがとうって。
それだけあなたの体だって心だって頭だって頑張っているのに、
褒めてあげなきゃ、労ってあげなきゃ、感謝してあげなきゃ、
あなた自身が可哀想だよ!
どんだけ頑張っても、自分に認められなかったら、あなた自身が可哀想だよ!
だから、あなたを労ってあげなさい。
そして、しっかりと一日の疲れを癒してあげなさい。
あなた自身をリフレッシュさせて、ストレスを解放してあげて、
素のあなた自身に戻してあげなさい。
そうすることが、
目の前のことをより効果的に取り組むために、
もっとも大切なことになる。
でね、何が大切かというと、
あなたがあなたの人生を歩むことなんだ。
あなたがあなたらしくあなたの願望を実現していくことなんだ。
あなたが幸せな一生を送っていく生き方なんだ。
そのためにがんばったのかって自問してほしい。
がんばったことが、あなたの生命の成長に役立ったのかと自問して欲しい。
がんばった時間はあなたのためにあなたの人格の向上に役立ったのか。
そして、人生は「今」しかないけれど、「今」だけではない。
「今」を積み重ねて、「未来」ができる。
その時間軸の中で、どれだけビジョンの実現に時間をつかうことができたか。
大切なことや大切な人や大切なもののために、
時間をつかうことができたか。
200%ひと月がんばって、体調くずして、その後ふた月動けない。
だとしたら、一日あたり70%しか頑張れないんだよ。
だったら無理しないで100%毎日がんばっていったほうがよいのではないかな?
途中途中で息を抜きながら、毎日100%頑張れるコンディションを整えることが、
重要なのではないかな?
でも、人生には「ここ」ってときがあるのも事実。
そんときは、腹を決めてとことんやったらよい。
「ここ」を決めるのもあなた。そしてやりきるのはあなた。
バランスとるのもあなた。そしてしっかり休ませるのもあなた。
頑張ることって大切なことだけれども、
何に向かって頑張るかっていうことが何より大切。
だって、頑張らないことを頑張ることが、大切なときがあるから。
それは、ビジョンや目的からくるか否かで、自ずと判断できるようになるだろう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ