選択と集中する生き方

私は、選択と集中を意識して生きています。

現代社会に生きていると、すべきことが無数にあります。
あれもしなくちゃいけないし、これもしなくちゃいけない。
仕事で求められることもたくさんあるし、家庭の中でも夫婦関係、親子関係から、子供の教育まで、本当にたくさん判断し選択し、行動することが求められます。
でも、敢えて私は、「しない」という選択をすることが多いです。
しないことを「善し」と意識するようにしています。
なぜなら、そんなになんでもかんでもしっかりとできるほど器用でないからです。
中には、すべてのことをビシッとするすごい人もいるかもしれません。
でも、私は違います。
むしろ、そうでない人がほとんどではないでしょうか?
だから、あれもしなくちゃいけない、これもしなくちゃいけない、時間がない!!
て余裕がない人は非常に多いと思います。
実は、時間がなくて余裕がないのではなくて、することを選択しない、あるいはしないことを選択しないから時間がなくなり、余裕がないわけです。
つまり、自分で時間を捨てているわけです。
そう考えるとタイムマネージメントの本質が見えてきます。
そうです、しないことをいかに決めることができるか。
この一点ではないでしょうか?
どれもしなくちゃいけない優先事項のように思えますが、ほとんどの人(私も含めて)しなくちゃいけないことができていないはずです。
で、結果大勢に影響はないけれど、しなくちゃいけないという焦燥感があります。
しなくちゃいけない、と時間がない、錯覚に陥ってしまうわけです。
だから、本当にしなくちゃいけないことだけをすることとして選択しましょう。
そして、しなくていいことを選択していきましょう。
そうすることで、本当にしなくちゃいけない数少ない事項に集中して取り組むことができる。
結果、求める成果を作ることができるわけです。
世の中、そんなに能力のある人ばかりではありません。
また、能力の有無と富や幸せとは相関関係はありません。
また、そんなにしなくちゃいけないことって、重要なことばかりではありません。
ちょっとした意識のコントロールでゆとりのある生活が可能になります。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ