くれよくれよじゃ幸せなんてなれないよね|愛と感謝に基づく生き方。

もっとこうしてくれよ、

もっとああしてくれよ、
なんでこうしてくれないの?
なんでああしてくれないの?
どうして私はこうなんだろう。
どうして私はああなんだろう。
こうしてくれたら、ああするのに。
ああなったら、こうするのに。
くれよくれよ、って求めることって効果的ではない。
くれよくれよって言う人に、人は何かをあげようと思うことはないから、
そういう人は、結局だれからも与えられない人間になってしまうだろう。
人生に何かを求めることはよいことだ。
求めること=願望をどんどん広げていったらよい。
でも、その求める先は、他のだれでも何でもない。
その求める先は、常に「あなた自身」でなければならない。
なぜなら、自分以外のことはコントロールすることができないからだ。
真の幸せは、愛を実現することだ。
まずは自分を愛して、近い人からどんどん広く愛を実現していくことだ。
愛っていうのは、以前も書いたかもしれないけれど、
相手の生命の伸張を願う心であり、生命の伸張に寄与することだ。
だから愛っていうのは、求めるものではなく、与えるものなのだ。
見返りなんてものを期待するのではなく、
100%一方的に与えることだ。
相手の生命の伸張のために、あなたが与える「なにもの」か。
それが愛の真実の姿だろう。
そんな愛の人間は、誰かから与えられる人になる。
ずっと見返りを求めず愛を与え続けていく人を、
人はほうっては置かないだろう。
ちゃんと相手のために与えている人は、結果的に与えられる人になるわけだ。
けれど、くれよくれよと他者に求めている人や、
見返りを求めて与える人っていうのは、結果的に与えられることがないだろう。
一時的に誰かが施してくれることもあるかもしれないけれど、
真実の愛を知らないから、ずっと不足感に支配されていきていくことになる。
与えらる人は、与えることでますます幸せに満たされて、
ますます感謝の心でいっぱいになるだろう。
与えて、満たされて、感謝の心が成長していって、
さらに与えて、満たされて、ますます感謝の念が増すだろう。
そして、結果的に与えられる人間になるだろう。
それが大切な生き方だと思う。
人格を形成していくために不可欠な要素だと思う。
でも、最初は100%与えられる存在なんだ、人間は。
だって、赤ちゃんはまったく無力な状態で生まれてくるからね。
お父さんとお母さんが100%与えてくれるんだ。
そして、周りの大人たちも100%与えてくれる。
おっぱいくれよ~おぎゃーってなけばミルクがもらえる。
眠たいよ~おぎゃーってなけば抱っこしてもらえる。
うんちしてお尻が気持ち悪いよ~おぎゃーってなけばオムツを変えてもらえる。
お父さんとお母さんは、その子に見返りなんて求めずに、何でもしてあげるでしょう?
それが愛なんだと思う。
でも、どんどん大きくなって、いろいろ学んでいって、心身ともに自立していったならば、
今度は与える人間になっていくことが必要だろう。
なぜならば、与える人がもっとも与えられる人だからだ。
与える人間になれることがもっとも大切なことのひとつだ。
与える人間は受け取ることができる人間でもある。
なぜなら感謝があるからだ。
遠慮して受け取らないことは、くれよくれよとあまり変わらない。
ありがとうございますって受け取る人が与えられる人間になる。
そもそも社会構成の中で、30代くらいまでは与えられる人間だ。
だって、現役が60歳までだとして、20歳くらいから働くとすると、
まだまだひよっこだからだ。
社長でも、サラリーマンでも例外なく30代くらいまでは、
これまでずっと与えられてきたはずだ。
もちろん若くから与えてきた人もあるだろう。
でも、その人たちは与えた分以上に与えられて受け取っていることだろう。
受け取れる人が与えることができる人で、最終的に与えられる人。
私だってこれまでたくさんのことを与えられてきた。
だからこれから与える側に回っていこうってわけだ。
本当の根本は、親子関係の中で与える受け取るを体験することなんだけれど、
親から満足ゆくだけ与えられて充足感を学ぶことなんだけれど、
それは趣旨が代わるからまたにしたいと思う。
今日から、くれよくれよはやめて、愛と感謝で与える人間になっていこう。
そしたら、不平や不満や愚痴なんて出てきっこないんだな。

6 Responses to “くれよくれよじゃ幸せなんてなれないよね|愛と感謝に基づく生き方。”

  1. よっちゃん より:

    自分を好きになる事を考えてから
    ここにたどり着きました…
    毎日みてます。

  2. しんさん より:

    よっちゃんさん、コメントありがとうございます。
    自分を好きになるって大切なことですよね。
    なかなか思うようにならないこともたくさんあるかもしれませんし、すぐ好きになれることもあるかもしれません。
    往々にして、これまでの「パターン」に沿って人は生きますが、意識することで「パターン」を壊して、新しい「パターン」を作ることができるようになります。
    その過程は、一歩進んでは二歩下がり、三歩進んで、四歩下がり、五歩進んで、六歩下がり、あるときどーんと進むようなイメージと思います。
    共に毎日毎日、一瞬一瞬を楽しく大切に生きていきましょう。
    ありがとうございました!

  3. ひとみ より:

    仕事に育児に家庭に生きる事に疲れて前に進めない39歳です
    煩わしい社会から逃げたい
    若い頃のような夢や希望を持てなくなっていて、今、仕事を辞めようと考えています
    何かやる気が出る言葉がないかと探していてこのページにたどり着きました
    ここには前向きに生きるヒントがありそうです

  4. しんさん より:

    ひとみさん、コメントありがとうございます!
    とても、大変な状況にあるのですね・・・。
    疲れている時ってモチベーションも下がって、
    いろいろと物事がうまくいかなくなって、
    さらにいろいろなことが嫌になって・・・。
    まさに負のループにはまってしまいますよね。。
    そんなときは、仕事休んで、こどもさんを一日預けるなど、とにかくあらゆることを最優先にいったんおいて、ひとみさんが好きなことをする一日を作ってみて下さい!
    思いっきりリフレッシュして、思いっきり自分を満たす時間を作ってあげてください。
    いろいろと決断を下すのは、疲れている思考ではなく、リフレッシュした頭で下したほうがよいと思いますよ。
    少しでもお役に立てたら幸いです!
    最優先でひとみさんは、ひとみさんをリフレッシュさせてあげたがよいと思います。それ以上に優先順位の高いことはないからです。

  5. みりん より:

    幸せとは何か考えていたら行き着きました。
    子どもが生まれてすぐ、旦那が浮気しました。戻ってくれたとはいえ信じられなくて、彼を大事に思えません。子供のため頑張ろうと思いましたが、彼の愛情も感じなくて、なんで一緒にいるのかわからないのです。
    けど寂しくて、心がいつもスカスカで、、先生の言うとおり、愛をくれよくれよ!になってます。
    私も与える人間になりたい。だけど優しい気持ちになれません。もっといろいろ読ませてもらいますね。

  6. しんさん より:

    みりんさん、コメントありがとうございました。
    旦那さんが浮気しちゃったんですね・・・。
    それはとても辛いし、悔しいし、腹立たしいと思います。
    そう思うのは当然のことで、そうであってよいと思います。
    それを受け入れた上で、みりんさんが何を求めているかだと思います。
    もし、旦那さんと幸せな家庭を築きたいのであれば、どういう考え方を選択したら効果的か考える必要があります。
    ただし、現状心のエネルギーが切れている状態だと思われますので、まずはリフレッシュしてゆとりを持つことを考えてみましょう。
    そうすると、じっくり考える余裕をもつことができます。
    みりんさんが満たされることって何ですか?
    みりんさんが行って心から安らげること、ワクワクすることは何ですか?
    お子さんのためにも、一度お子さんを預けてでもリフレッシュしてみてください。みりんさんが満たされることが何よりお子さんにとってよい影響を及ぼすと思います。
    そして、やっぱり旦那さんとよい家庭が築きたいって心から思えたら、一度考えてみて下さい。
    なんで旦那さんは浮気したのかなって?
    人間には基本的な欲求が備わっています。
    その欲求が満たせないと、問題行動をとってでも満たそうとします。
    もしかしたら、そのとき、夫婦の性生活がうまくいっていなかったのかもしれません。
    もしかしたら、旦那さんが仕事で問題を抱えている中、みりんさんに甘えたいときに、お子さんがいるからとみりんさんとお子さんを思うあまり自分を優先せず外で性欲を発散させてきたのかもしれません。
    みりんさんなりに考えが整理できたら、旦那さんとしっかりと心と心で話し合うことをオススメします。
    夫婦は分かり合うことが何より大切です。
    旦那さんを責めるのではなく、みりんさんの寂しい思いを伝えましょう。
    そして、どうしてほしいのかっていうのを、冷静に伝えてみましょう。
    旦那さんが感情的になるのなら、機会をずらして下さい。
    感情と感情がぶつかってしまっては、勝負になってしまいます。
    必要なことは勝負ではなくて、分かち合うことです。
    少しでもお役にたてたらうれしいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ