多様な人が集まって社会は成り立っている。

 世の中は、多様な人が集まることで社会を形成して成り立っている。

当然、その中には価値観の合う人もあれば、合わない人もあるだろう。
でも、それはそれでよいんだと思う。
皆が同じような人間ばかりだったら、面白くなくなってしまうからだ。
そういう意味で、異質な人を受け入れる能力が器と言えるかもしれない。
なぜなら、人生も社会同様多様な側面や局面を持ち合わせているものだからだ。
出会いは、人生を変えるひとつの契機となることが多い。
人との出会いであったり、情報との出会いであったり、
新しい未知のものと触れることによって人は変わることが多い。
だから、新しい環境や新しい人、新しいものなどに触れることは重要だと思う。
毎日変わらないライフスタイルを送っているだけで、気づきを得て成長するというのは、
よほど恵まれた環境にない限り、土台無理な話と言わざるを得ない。
なぜなら、そんなに人間って強いものではないからだ。
ある面人間は、ものすごく強い生き物だ。
いっぽうで、ある面人間は、ものすごく弱い生き物だ。
人によって違うけれど、弱点を押されるとすぐくじけてしまうものだろう。
目の前のさまざまな状況にも、どうしても流されてしまうだろう。
そういうものだという認識をまず知っておくとよいだろう。
その前提にたって、どうしたらよいかを考えるべきだ。
根性だけで、ああしようこうしようと思うことは、無意味な取り組みだと言えるだろう。
流されることでもっとも怖いことは日常の当たり前な事柄だ。
そのことがあまりに当たり前だから、
果たしてそれが効果的な否かさえわからなくなってしまう。
当たり前のような日常が続いていって、
なんとなく不満や愚痴をこぼすようになって、
目の前の現実を仕方ないかって諦めるようになって、
あなたが支配すべき現実に、あなたが支配されるようになる。
可能性がいくらでもあるのに、言い訳をして自分の可能性を狭めてしまう。
与えられた生命を輝かせることができくなってしまうだろう。
目を見開いて、広い世界を見渡してみよう。
あなたがぶち当たっている困難を乗り越えた人はたくさんいるよ。
あなたは乗り越えられないように思うかもしれないけれど、
乗り越えられない理由がたくさんたくさんあるのだと思うけれど、
乗り越えられる理由を見つけて乗り越え切った人たちがたくさんいるよ。
環境なんて関係ない。
状況なんて関係ない。
年齢なんて関係ない。
スキルやテクニックなんて必要ない。
才能や能力なんてまったく関連性がない。
それらはすべて言い訳でしかない。
あなたが現実を打ち破る鍵は、
あなたの願望にある。
あなたが心の底から人生で実現したいと思う願望の中にある。
どれだけあなたが願望を実現したいと思っているか。
そしてその想いが強ければ強いほど、
よい出会いを引き寄せることができるし、
目の前の壁を打ち破るきっかけをつかむことができる。
たくさんの言い訳が嘘だったって気づくことができる。
言い訳をやめて、結論を出すことができるようになる。
それは、「やる」って決めること。
人生は「やる」って決めること以外に選択肢はないように思う。
あなたがあなたらしい人生を歩むために、あなたの望む人生を生きるって決めよう。

One Response to “多様な人が集まって社会は成り立っている。”

  1. 小西 より:

    本当^^決断そのこと自体が、望む現実をまねきますね!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ