学ぶ、活かす、改善する。そして、成長している。

 ああ、いい話聞いたわ。

本当にその通りだ、おっしゃる通り!
よくありますよね、いい話。
生きているとたくさんの情報に触れる。
求めていたら必ず、必要な情報がもたらされる。
これ、人生の神秘。
でも、果たしてどれだけの人がその学びを活かしているだろうか?
いい話聞いた、素晴らしい!
あくる日の朝には、内容の60%を忘れているといいます。
そのとき感じた感動が、日常生活の中に埋没し始めます。
頭のどこかに学んだことが残っています。
でも、日々のやるべきことが目の前に、どん、と構えています。
まずは、やるべきことをやってからだな。
そうして、やるべきことが次から次からやってきます。
結果、学んだことは過去のよい思い出となるわけです。
決して意味がないわけではない。
あなたの視野を広げるためにできるだけたくさんのことを学んだらよい。
でもね、さらに一歩学びを深めるために、
学んだことを日々の生活に取り入れるということ。
学んだことの中から、ひとつでもふたつでもいいから、
とにかくすぐできることを見つけて取り組み始めること。
そうすることで、人生は変わります。
だって、行動に変化がもたらされるから。
人の人生は、行動の集積。
考え方を取り入れることもひとつの行動。
だから、まずは考え方を学んで、しっかりと腑に落とすこと。
そうしたら、自ずと行動が変わる。
行動が変わると結果が変わる。
よく出るか、悪くでるかはわからない。
そして、結果をうけて行動を改善していく。
考えて、行動して、結果検証して、行動して。
人生はトライアンドエラー。
いっぱい失敗しただけ、成功に近づく。

成功の舞台は、失敗の階段の上にある。
だから、学ぶこと、活かすこと、改善することが大切。
そうしたら人生変わっていくから。
なぜなら、成長するから。
過去の経験を思い出してもそれが真実だとわかるだろう。
これまでも、学び、活かし、改善して、結果成長してきたはずだ。
だから実践のない学びは、自己満足に終わってしまう可能性がある。
それはそれでひとつの結果だからよいのだけれど、
どうせ学ぶなら、さらに一歩踏み込んで活かすことをしたがよいだろう。
学びは何も教えてくれる場だけにあるわけじゃない。
日常の中にあるいろいろな経験も私たちに気づきと学びを与えてくれる。
いろいろなことからできるだけたくさんのことを学ぼう。
そして、自分の人生に取り入れよう。
学ぶことなんていくらでもある。
尊敬できない人からは、どうしたら尊敬できないかを学べるだろう。
それをどう解釈して、どう人生に取り入れることができるか。
ビジネスにおいてもっとも大切なことは、収益をあげることではない。
もっとも大切なことは、収益をあげられる組織をつくることであり、
収益をあげられる人間に自分を成長させることだ。
収益をあげられるということは、世の中の役に立つことができるということ。
収益を求めていたら収益は逃げていく。
でも、誰かに役立つ人間になることを目指していたら、
誰かのためになる組織を作っていったとしたら、
必ずそれはリターンとして戻ってくる。
なぜならば、収益というのはお客さんの満足の結果だからだ。
お客さんの求めるものを提供するから、リターンがある。
つまり、お客さんが潜在的に求めている商品を開発して、
それを的確に情報提供していくことで、自ずと収益はあがる。
そのためには、まず自分たちが自分たちを知ることが大切であり、
自分たちがお客さんの喜びを知ることが重要であり、
それをどう伝えるかを知ることが必要になる。
だから、学んで実践して、改善していく必要がある。
ビジネスだって、人生だって、結局のところ同じ。
どれだけ自分の幹を太くできるかということ。
優れたビジネスマンは優れた人間性を持ち合わせる。
優れた人間性をもった人は、優れたビジネスマンになる。
人の道を踏み外して優れたビジネスはできないし、
一時的でない優れたビジネスは人の道をしっかりと踏んでいる。
だから、人生は年齢じゃない、年輪だなって、
本当に心からそう思う。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ