大切なものは目に見えないってのは本当だと思う。

 星の王子さま読んだことありますか?

大切なものは目に見えないってよい言葉が有名だ。
高校生くらいの時に読んでとても感銘を受けて好きになって、
大学生の時には原著を買って読めなくて挫折したことを覚えている。
箱根にある星の王子様ミュージアム一度行きたいと思っていたけどまだいったことがない。
大学生になって、必死に働いて、
社会に出てそんなことも忘れて懸命に生きて、
子供ができて過去なんて振り返るゆとりもなく日々を乗り越えて、
営業マンとして、日々研鑽するなかで無我夢中に働いて、
挫折して、隠岐に帰って、いろいろと考える時間を持って、
そして、ようやくその意味がわかるようになった。
本当に大切なものは目に見えないってことがようやく腑に落ちた気がする。
多くの人が、目に見える現象のみを追いかけているのがよく見えるようになった。
もちろん私もまだまだ目に見える現象に支配されているところはおおいにあるけれど、
それでも、大切にしなくてはいけないところは目に見えないところだって確信している。
例えば、お金について考えてみよう。
ほとんどの人がお金に支配されて生きており、不平や不満や不安を語って生きている。
でも、その人たちの多くがお金の正体を知らないでいる。
なぜなら、お金というのは、福澤諭吉の書いてあるお札や、
平等院鳳凰堂が刻まれている硬化だと勘違いしているからだ。
実は、それは嘘。
お金の正体は、価値という目に見えないものなのだ。
だから、人はお金について本質を理解することができない。
目の前にある実物に囚われて、目に見えないところを見ようとしないから。
そして、お金が欲しい欲しいといってお金を得る努力をしていない。
小手先のテクニックや、うまくいく方法や、お金持ちの表面だけを批判する。
でも、本当に大切なことは、考え方であって、価値観であることに気づいていない。
なぜお金持ちがお金持ちになったか(一時的なものではなく)?
それをしっかりと見ようとしない。
だから、私は本当に大切なところを見るようにしている。
その人たちがどのような考え方で生きているのか、どんな苦労をしたのか、
その時どんな心で乗り越えたのか、本当に深い目に見えないところを見ようと思う。
きっと、そういうことなんだと思う。
目に見える現象を追いかけていて幸せになるだろうか?
本当に幸せに生きるために大切なことはなんだろうか?
本当に大切なところを見ることで幸せなんて一瞬で実現する。
その観点が大切だし、その心がより幸せな現象を生み出すのではないか。
価値観の転換期には、たくさん膿が出るだろう。
次から次へとこれまでの価値観があなたを襲うだろう。
変わることに不安を抱き、足を止めようとするもう一人の自分が出てくるだろう。
そこで、何をどう選択するかが人生の節目となる。
もっとも大切なことは信じること、諦めないこと、生き方を追求すること。
私とあなたの真価が問われるのはこれからだ。

2 Responses to “大切なものは目に見えないってのは本当だと思う。”

  1. とおりすがり より:

    結局、どうしたらよいか結論がないじゃないか。

  2. しんさん より:

    とおりすがりさん
    コメントありがとうございます。
    おそらく、現代教育の欠点として、
    「答え」や「結論」をすぐに求めてしまうことがあげられると思います。
    思うに人生は、常に過程であって、過程の中の一点=今=結果と思います。
    その連続性の中に、結果=今という中に、自己の求めるものを見出し、その実現のために試行錯誤する中に、本当の人生の姿があるのではないでしょうか?

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ