職業の選択をどのようにしたらよいか?

 人生は、愛と仕事によって初めて自由に着ることができる。

これは、エーリッヒフロムの自由からの逃走に書かれていた言葉だ。
大学生の時はわからなかったが、今、ようやくその意味がわかるようになった。
内容は一旦省略されてもらうけれど、
仕事というのは、人生において、最も重要な要素のひとつといってよいだろう。
一概に仕事と言ってもいろいろあるが、
すべての労働を仕事と言って良いと思う。
そんな大切な仕事をどう選んだらよいかわからなくて迷っている人もあるだろう。
今ついている仕事が本当によいものかわからない人もあるだろう。
仕事で壁にぶつかってもがき苦しんでいる人もあるだろう。
あるいは、本当に毎日を楽しく情熱を持って仕事に取り組む人もあるだろう。
何をもって仕事を選べばよいのだろうか?
答えはシンプルだ。
あなたが、求めるものを仕事にしなさい。
あなたが、人生をかけて楽しめるものを仕事にしなさい。
本田健のいい方を借りれば、ワクワクすることを仕事にしなさい。
それでいいんだと思う。
お金になろうが、なるまいが、そんなんどうだってよい。
諦めなければ、お金なんて後からついてくるし、
今の日本に住んでいて生活していけないなんてことはない。
けれど、本当に好きなことを仕事にしないと、
人生が楽しくなくなってしまう。
大切な時間の一日8時間、週に5日を楽しくないことに拘束されて、
のこりの余暇時間で人生を楽しくするなんて、
果たしてそれで一生懸命生きているって言えるだろうか?
もちろん安定や、食うための仕事をするこに、私は文句を言うつもりはない。
だって、その人だって一生懸命、できる範囲で頑張っているだろうからだ。
でも、本当に自分の生命を大切にしているって胸を張って言えるだろうか?
だって、人生の多くの時間を自分の好きでもないことに費やしているんだから。
それに、好きでもないことをしても、大成することがない。
本当の意味で能動的にならないからだ。
好きな仕事をしていく中でしなくてはいけない嫌なことや、大変なことを、
徹底的にやりきって、自分を苦しませて成長させることができないからだ。
いやだなぁと思って、最低限の努力で済ましたってとてもじゃないが大成するはずない。
イチローが大好きな野球で成功したのは、
だれよりも多く影で努力をしたからだ。
人が休んでいるあいだに走り込みとすぶりをしっかりとしたからだ。
タイガーウッズだって、福原愛ちゃんだって同じだ。
皆大成した人は、人一倍努力をしている。
人間なんて弱いものだ、好きでないことに、そこまで努力することは、できないだろう。
だから、好きなことを仕事になさい。
あなたが何時間でも取り組めることを仕事になさい。
生命をかけて楽しめる活動を仕事にしなさい。

そうしたら、きっと応援してくれる出会いがあるから。
もしそれがお金にならないようなことでも、
一生懸命やり続けて、努力していれば、必ず助けてくれる人が現れるから。
だから、出し惜しみせず全力で頑張ることだ。
睡眠不足したって大丈夫。
多少不摂生したって大丈夫。

それよりも大切なことは、あなたの人生を、生命を輝かすことだ。
それ以上に大切なことなんて、この世にないのではなかろうか。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ