凛太郎へ|愛する息子へ伝えたい生き方

凛太郎へ‥

幸せな人生を歩んで欲しい。
自分を大切にする生き方を選んで欲しい。
ただそれだけが父の願いだよ。
人生は、長いようで短い旅路。
きっと、あなたが大人になるまでに、たくさんの困難を経験するだろう。
傷つき、心がおれる体験をたくさんするだろう。
自分を信じられなくなって、どうしていいかわからなくなることもたくさんあるだろう。
人を愛し、人に裏切られ、悔し涙を流すこともたくさんあるだろう。
絶体絶命のピンチ!って思ってしまうくらいに乗り越えられないような出来事をたくさん経験するだろう。
たくさんの矛盾を見るだろう。そこであなたは何を感じるだろうか?
父のことを憎む時がくるだろう。
母のことを憎む時がくるだろう。
その小さな胸の中にたくさんの葛藤を抱えているだろう。
消化不良で、何をどうしてよいかわからない苦しみがあるだろう。
ちょっとしたことで、胸が痛んで、原因不明でどうしてよいかわからない日もあるだろう。
楽しくて楽しくて仕方なくて、他の何も見えなくなる日がくるだろう。
登ってはおり、降りては上り‥、ジェットコースターのような感情の起伏を味わうだろう。
たくさんのことを経験して、経験することを楽しんで欲しい。
経験は、経験すること自体に価値があるんだよ。
苦しい経験、悲しい経験、辛い経験するほどあなたの器は大きくなっているよ。
器を大きくするということは、人生を幸せに生きる上で大切なこと。
だから、その経験を前向きに捉えて欲しい。
そして、負けないで欲しい。
それでも、人生にYESと言って欲しい。
どんな時も自分を幸せにする選択をして欲しい。
どんな時も自分を大切にする選択をして欲しい。
時には道に迷ってもよいよ。
何もすることができなくなって、立ち止まってしまう時があってもいいよ。
でも、いつか復活して前を向いて乗り越えて生きていって欲しい。
困難という経験に打ち負かされて自分の人生を諦めたり制限したりせず、困難にあっても自分の人生を自分の意思で乗り越え、突破して欲しい。
その乗り越えた壁の量と質が、あなたの人生における自由度に比例するから。
だから、安心していっぱい苦労してほしい。
困難に出会い、困難を歓迎して、困難を楽しんで乗り越えて欲しい。
そして、いつも自分のけつは自分で拭うようにしてほしい。
どんなときでも責任とれっから。
とれんかったらお父さんのとこにきな!
自分でケツ拭わせてあげるから。
それでも無理だなって判断したらお父さんがケツ拭ってあげっから。
命懸けでお前の変わりにケツ拭ってあげるから。
決して他人の意見を気にすることなく、自分の信じた道をつき進んで欲しい。
傲慢になることなく、素直に自分のためになる教えを聞いて欲しい。
貫き通すところは、とことん自分を貫け!
曲げてもいいとこは、即曲げていいんだよ!
ほとんどの人がこの基準が明確でない。
だから、貫くべき信念と、妥協していいくだらないプライドの切り分けをしておけよ。
いいかい。
基準は、あなたが幸せになれるかどうかだ。
自分を大切にすることができるかどうかだ。
例えば、こういうふうに考えて欲しい。
私はあなたに親孝行せよとは一切言わない。
そんなもん求めていないし、そんな時間あったら自分のために使って欲しいからだ。
これは紛れもない事実。
私はあなたから見返りなんて一切求めていない。
だから、思いっきり甘えてきたらよい。
一方で、私が死ぬ前までに親孝行の大切さに気づいて、私に親孝行して欲しい。
それは、あなたの人生にとってとても大切なことだから。
親に感謝する心と、親に恩返しをすることは、あなたの人生を肯定することにつながる。
あなたの心に自信と自己愛をつくる源になる。
だから、親孝行して欲しい。
でも、私はあなたに親孝行せよと教えはしない。
なぜなら、私から聞くと素直に受け入れられないってわかっているから。
ただ、うまくヒントは出していこうと思う。
それは、私が親孝行する姿とその心をしっかりとあなたに伝えることだ。
例え話の意味わかったかな?
自分を幸せにする意味わかったかな?
自分を大切にする意味わかったかな?
幸せを選択するってそういうことなんだ。
自分を大切にするってそういうことなんだ。
だから、深く人生を学んでほしい。
深く生き方を学んで欲しい。
そして、たくさんチャレンジして、失敗して、多くを乗り越えて欲しい。
経験を積めば積むだけあなたの人生は豊かになる。
無限の可能性を見なさい。
生命の奇跡を見なさい。
この広い宇宙の不思議を思いなさい。
大きく物事を見ていくと、目の前の困難なんて大したことではないよ。
だから悩む必要なんてないよ。
そんで、どうしても乗り越えられそうなときは、私のところにおいで。
打ちひしがれちまって、心折れてしまって、どうしようもないときは、私の元へ戻っておいで。
自分を大切にできない、愛することができないってときは、私の元へ戻っておいで。
何歳になっても、お前のことをハグして、何時間でも話を聞くよ。
あなたが満足するまで、あなたの話を聞いてあげるよ。
そんで、最後にあなたにアドバイスしてあげるよ。
ただ、「大丈夫だよ」って。
ただ、「愛しているよ」って。
ただ、「あなたはあなたのままで素晴らしいんだよ」って。
ただ、「どんなことがあっても、あなたがどんなに誤ったとしても、どんな状態であっても、どんな状況にあっても、あなたには価値があるんだよ」って。
私を頼りなさい。
「自分に頼りな」って優しく教えてあげるから。
私を頼りなさい。
「人を信じて委ねな」って厳しく突っぱねてあげるから。
私を頼りなさい。
「許さない」って暖かく壁を乗り越えるまで見守ってあげるから。
私を頼りなさい。
「おかえり」って何もいわずに暖かいご飯を作って迎えてあげるから。
人生はとても長い旅路。
何よりも自分の心を作ることを第一優先に生きていきなさい。
学びは、人生最大の配当をもたらす投資となるよ。
無限の可能性を枕に穏やかな寝息をたてる凛太郎へ‥心からの愛を込めて。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ