人と比較しない人生を歩む|それでよい「生き方」

 誰かと比較して苦しむことってありませんか?

自分は劣っているって感じていませんか?
逆に、自分は優れているって感じていませんか?
こうでなきゃいけないって観念に縛られていませんか?
すべて何かと比較して生きているのが人間です。
人は、自分ひとりでは生きていけない。
自分をしっかりと認識するために、
他人とかかわらないといけない。
他人なくして、自分という存在を認識することができないからです。
だから、ついつい比較してしまうわけです。
人は、自分を重要な人間だ、価値ある人間だと思い、
自分を愛することを求めています。
自分は、唯一の存在で、そのものとして生きていきたい‥。
そこには、自分という「存在そのもの」「存在の根拠」があるのです。
それを確立するのは、母親からの愛です。
その人自身、ありのままを愛する無条件の愛。
これが、その人に生きる根拠を与えます。
これが、その人の核を作るのです。
でも、完璧な母親はこの世にいない。
だから、だれも完璧に育たない。
そして、いろいろな人とふれあい、
他人を見つめ、感じ、自分を見つめることで、
人は、成長していきます。
だから、人との関わりは決定的に重要になる。
だれと関わるかが何よりも重要になる。
私は、出会いに恵まれてきました。
いつも、私を成長させてくれる誰かと出会ってきました。
そのおかげで、私はここまで歩んでこれました。
これからもっとたくさんの人に出会うだろう。
もっとたくさんの素晴らしい出会いで成長できるだろう。
そう心から思うことができます。
でも、比較することをそろそろやめるときがきました。
比較は何も価値を生み出さない。
なぜなら、その人はその人でよく、
他のだれでもない価値があるからです。
あの人のこういうところがすごい、
~人のよいところを見つけるのは素晴らしいことです~
それに比べて私はそんなんできない。
~できなくてもよいんです。あなたはあなたのままで素晴らしいんだから。
あなたにしかできないことがいっぱいあるんだから~
常識的に考えてこうしなきゃいけない。
~社会の規範を守ろうとすることは素晴らしいことです~
私はそんな常識から外れていてダメだ‥
~常識なんて大勢の人がそうだと思うことに過ぎません。
皆が常識で生きていくならば、つまらない社会になってしまうだろう。
だから、常識でなくてよいんです~


あなたはあなたのままでよい。

わたしはわたしのままでよい。
比較は自分を苦しめます。
比較は他人を傷つけます。
比較は大切な人の価値を汚します。
本当の自分を生きていこう。
固有の人生を生きよう。
比較しない生き方を生きよう。
他のだれを生きる必要もありません。
あなたはあなたのままでよい。

わたしはわたしのままでよい。
私も、固有の価値を生きていきたいと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ