人生の質は解釈と選択の質|決めるという生き方

 人は、常に一瞬一瞬とれる選択の中でもっとも効果的と思われる考え方を選択する。

そして、考え方は、こうどうを決定する。
よって、よく「わかっているけど、行動できない」ということは、
真からわかっていないことを意味しています。
本当にわかっていて、その考え方を選択するのなら、
行動の選択は変わるはずだ。
だから、決定的に重要になるのは、目の前に生じている現象に対する解釈の質と、
ものごとの捉え方・考え方だということができると思う。
そして、そのひとつひとつの選択の結果、ある現象を作り出す。
良いも悪いもない。ただその事実があるというだけのことだ。
あなたは出来事に対して常に固定的な解釈を選択しているだろうか?
自分にとって益のない、ネガティブな解釈を選択していないだろうか?
できごとはひとつの事実しかないが、その事実に対する捉え方は無数にある。
たとえば、大切な会議のある日にインフルエンザにかかってしまった。
それは、ひとつの事実であるに過ぎない。
けれどそれをどう捉えるかということだ。
○大切な会議の時に熱を出すなんて‥なんて俺はだめなんだ。
○知らないうちに疲れがたまっていたんだな、体が休養を欲していたんだな。
二つの解釈の違いは人生に大きな違いを作っていく。
あなたにとって、益のある解釈を選択しよう。
肯定的な解釈は、あなたの人生を変えるだろう。
たとえ今、どれだけ辛い思いをしていようと、
たとえ今、どれだけ屈辱的な思いをしていようと、
たとえ今、どれだけ苦しい毎日を送っていようと、
たとえこれまで、どれだけたくさんの過ちを犯してきたとしても、
たとえこれまで、どれだけ自分を犠牲に生きてきたとしても、
たとえこれまで、どれだけ誰かを犠牲に生きてきたとしても、
あなたは物事に対する捉え方と考え方を変えることで、
いつからでも、どうにでも人生を変えていくことができる。
人間にはどんな人にもあらゆる可能性がある。
あなたは、その可能性を存分に開花することができる。
成長とは、価値観の肯定的な変化をいう。
物事の捉え方や考え方をいろいろ学んでみよう!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ